【絵本】『ころろん ころろん』のご紹介【読み聞かせ】

1歳
この記事は約3分で読めます。
絵本情報

★作      福知 伸夫 

★出版社    福音館書店

★発行日    2020年2月1日

PVアクセスランキング にほんブログ村

あらすじ

「ころろん ころろん」

やわらかい草むらの上を、まんまるいうさぎの子が転がって行きます。

行く手には、小さなアリや、帽子をかぶったカメや、2匹の子ブタ…などがいて、うさぎの子は、アリを飛び越えたり、子ブタと一緒に転がりながらも、どんどん進んで行きます。

「ころろん ころろん」

転がって、うさぎの子が最後にたどり着くのはどこでしょう?

「ころろん ころろん ころろんや」

心地よく繰り返されるリズミカルなフレーズと、手作り「版画」風の、あたたかな味わい深さがある、素朴で可愛らしい絵本です♪



      

Let’s Active Reading!

さて、今回も「アクティブリーディング」を始めましょう!

「アクティブリーディング」のやり方については、こちらをご確認ください。

早速、我が家の「アクティブリーディング」を振り返ります。

絵本のように、寝転がって「ころろん ころろん」と転がってみましょう♪

床の上に、お布団やマット、バスタオルなどを敷いて、子どもと一緒に「ころろん ころろん」と言いながら、転がってみましょう♪

子どもは「キャーキャー♪」と言いながら、楽しそうに何度も転がりますよ✨

そして最後は、絵本さながらに、お母さんの上に「ころろんや」と登らせましょう♪

娘は、この「ころろん ころろん」が大好きで、今でも時々思い出しては、私の方に「ころろん」と楽しそうに転がってきます♪

登場する生き物たち(うさぎ アリ、かめ、ブタ、へび)を、『図鑑』で、探してみよう♪

お気に入りの『図鑑』で、絵本に登場した生き物たちを探してみよう♪

「小さくて『図鑑』は、まだ…」という方は、ぜひ子どもに動画を見せてあげましょう!

こうした積み重ねによって、動物への「認識力」が高まります。
 
★ お薦めは、小学館の『まどあけ図鑑 いきもの』です。

親子の感想

1歳時の娘
1歳時の娘

「ころろん ころろん♪ キャーキャー!」

お母さん
お母さん

「ころろん ころろん ころろんや」

優しくてリズミカルなフレーズは、とっても馴染みやすく、子どもと転がりながら遊んでいても、ついつい口に出てしまいます。

やわらかい草むらの上を転がる、うさぎの子は、最後にうさぎのお母さんの上に登ります。

上手く登れたその時には、やわらかい草むらに、かわいいタンポポが描かれています♪

そして、裏表紙に描かれている「うさぎの親子」は、とっても幸せそうです…!


1つ目のアクティブ リーディングで紹介した「ころろん ころろん」も、親子で転がると、子どもは笑顔で「キャーキャー♪」と喜び、とっても幸せそうです♪


そうした幸せな時間を、ぜひ皆さまにもお過ごしいただきたいと思います♪

今回ご紹介した本

まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)
まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)







少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ボタンを押していただけると励みになります!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


絵本ランキング




  

タイトルとURLをコピーしました