【絵本】『とべ かぶとむし』のご紹介【読み聞かせ】

2歳
この記事は約3分で読めます。
絵本情報

★作     得田 之久 

★出版社   福音館書店

★発行日   1977年8月1日

PVアクセスランキング にほんブログ村

あらすじ

クヌギの枝の陰から、りっぱな角が出てきました…

「昆虫の王様」かぶとむしです。

かぶとむしは、ゆっくりと力強く枝の上を歩き、木の蜜をなめて、またゆっくりと枝を上り…やがて、大空へと飛び立ちます!

繊細でありながら生命力にあふれたタッチで、写実的で「毛の質感」までもが伝わってくる、まるで美しい『図鑑』様な絵本です♪


      

Let’s Active Reading!

さて、今回も「アクティブリーディング」を始めましょう!

「アクティブリーディング」のやり方については、こちらをご確認ください。

早速、我が家の「アクティブリーディング」を振り返ります。

「かぶとむし」を『図鑑』や、動画を見て、確認しよう♪

「かぶとむし」が見事な筆致で描かれています。

お気に入りの『図鑑』で調べたり、映像で確認しましょう♪

子どもはとても嬉しそうに、「かぶとむし」に見入ります!

わが家がお薦めする『図鑑』は、小学館の『まどあけ図鑑 むし』です。

写真ではなくイラストで、楽しく虫たちを紹介しています。

絵本のように読みながら、ぜひ「知識の寄り道」をして、「かぶとむし」や他の昆虫たちの知識を深めてみてくださいね♪

天気の良い休日に外に出かけ、「かぶとむし」や他の昆虫を探しに行こう♪

「虫取り網」と「虫かご」、『ポケットずかん』と を持って外に出かけよう!

親子で、お弁当を持って行くのもおススメ♪

「かぶとむし」や他の昆虫を探しに、自然観察と発見の旅に出てみよう!

林や森に、一歩でも足を踏み入れれば、そこは全てが「学びの場」ですよ♪

「かぶとむし」など、虫を捕獲できたら、ぜひお家で育ててみよう♪ 
幼虫がいれば、成虫になるまで育ててみよう♪

「かぶとむし」

何を食べるのか?

どうやって育てるのか?

…「かぶとむし」の飼育方法を色々と調べて、「かぶとむしの命」を大切に育ててみよう♪

親子の感想

2歳時の娘
2歳時の娘

とべ かぶとむし!!

お母さん
お母さん

私が年長の頃、弟と一緒に、オスとメスのつがいの「かぶとむし」を飼っていました。

オスは、寒くなってきた初秋に亡くなりましたが、メスは長生きしてくれて、翌年3月まで生きていました。

「もう少しで、大好きな夏になるよ」と家族みんなで応援していましたが、ある朝、静かに動かなくなっていました。

仲の良いお友達に「今朝、長生きしたかぶとむしが、死んでしまった」と伝えると、「きっと、ジュミョウが終わったんだね」と言われました。

毎朝、かぶとむしに、ご飯(当時は、脱脂綿に砂糖水を含ませたもの)をあげて、「おはよう」ということや、初めて「寿命」という言葉を知ったこと…「かぶとむしの命」は、当時まだ幼かった私に、様々な大切なことを教えてくれました。

今でも、この貴重な体験をさせてくれたメスのかぶとむしには、感謝の気持ちでいっぱいです。

今回ご紹介した本

とべ かぶとむし 特製版
とべ かぶとむし 特製版
まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)
まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)







少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ボタンを押していただけると励みになります!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


絵本ランキング






  

タイトルとURLをコピーしました