【絵本】『ねないこ だれだ』のご紹介【読み聞かせ】

1歳
この記事は約4分で読めます。
絵本情報

★作・絵   せな けいこ
    
★出版社   福音館書店

★発行日   1969年11月20日

PVアクセスランキング にほんブログ村

あらすじ

柱時計が「ボン ボン ボン…」と鳴り、夜の9時を告げました。

「こんなじかんに おきているのは だれだ?」

ふくろうにみみずく、くろねこ、ねずみ…?

「あれ あれ あれれ…」

良い子が眠る、夜の9時を過ぎても、遊んでいて眠っていない女の子がいましたよ!!

「よなかは、おばけのじかん」です。

夜中に遊ぶ子は、おばけになって、「おばけのせかいへ、とんでいけ」

お父さんお母さん世代の以前から、50年以上も読み続けられている、せなけいこさんの超ロングセラーの絵本です。

「おばけは、ちょっと怖い」…

それでも、「ちぎり絵」風のおばけが、どこかあたたかくて、ユーモラスなので、「やっぱり、あのおばけに会いたい!」と思ってしまいます。

味わい深いこの絵本は、子どもだけでなく世代を超えて、大人気の絵本です♪


      

Let’s Active Reading!

さて、今回も「アクティブリーディング」を始めましょう!

「アクティブリーディング」のやり方については、こちらをご確認ください。

早速、我が家の「アクティブリーディング」を振り返ります。

絵本に登場する言葉を確認しよう♪
動物(ふくろう、みみずく、ねこ、ねずみ)を、『図鑑』で探してみよう♪

お気に入りの『図鑑』で、絵本に登場した動物たちを探してみよう♪

「小さくて『図鑑』は、まだ…」という方は、ぜひ子どもに動画を見せてあげましょう!

こうした積み重ねによって、動物への「認識力」を高めましょう。
 
★お薦めは、小学館の『まどあけ図鑑 いきもの』です。

絵本の世界を飛び出して、子どもと一緒に「『おばけ』ごっこ」をしよう♪

お家にある、バスタオルを使って「おばけごっこ」をしましょう♪

<例> 遊んでいる女の子役を子どもに、バスタオルの「おばけ」役をお母さんで、スタート!

子どもが遊んでいるところで、「よかなにあそんでいる子はだれだ~!」と言いながら、子どもを抱っこしたり、くるくる回ったり…するだけです♪

※ ただし、寝る前に「おばけごっこ」をすると、楽しくて子供が大興奮して、さらに眠らなくなってしまうので、ご注意ください(笑)♪

親子の感想

1歳時の娘
1歳時の娘

「おばけよむ~♪」


「おばけのおばけの きしゃポッポ~♪」

お母さん
お母さん

赤ちゃんから、幼児、子ども、大人まで…この絵本は、なぜこんなに人気があるのでしょうか?

私も子どものころ、おばけが怖いと思いつつ、この絵本を読んでいました。

この絵本が保育園の本棚にあると、「怖いもの見たさ」で、仲良しのお友達と一緒にドキドキしながらページをめくり、おばけが出てくると「キャー♪」と言いながら、読んでいた記憶があります。

「おばけはちょっと怖いけど、おばけにちょっとだけ会いたい!」というのが、本音なのでしょうね。

さて、小さな子どもに、おばけの出てくる「ちょっとだけ怖い」絵本を「読み聞かせ」をしても良いのかな?と迷っていると、こんなレビューに出会いました。

「子どもの頃の肝試しや”怖い”という感情は、その反対の”笑い”や”喜び”を育てる大切な要素となる

…つまり、両極端な感情を抱かせることで、心の幅を大きく広げることができるのです♪

この一文を見てからは、わが家では「おばけ」の出てくる絵本も、どんどん読ませています♪

今回ご紹介した本

ねないこだれだ (いやだいやだの絵本)
夜の9時です。「とけいがなりますボンボンボン」こんな時間におきているのはだれだ?ふくろう、くろねこ、どろぼう……。いえいえ、夜中はおばけの時間。あれ?まだ寝ていない子がいますよ。おばけになってとんでいけ! おばけがなかなか寝ない子をおばけの世界に連れていってしまいます。シンプルなはり絵と独特のストーリーで、子どもたちを...
まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)
まどあけずかん いきもの: 英語つき (小学館の図鑑NEOまどあけずかん)





少しでもお役に立てれば嬉しいです。
ボタンを押していただけると励みになります!

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


絵本ランキング





  

タイトルとURLをコピーしました